アニメ

Gのレコンギスタ備忘録 第1話

以下の内容は2015年刊行の同人誌「Gのレコンギスタ備忘録」の内容の再掲です。 全文はこちら

Gのレコンギスタ備忘録 全ページアップロード

はいどーも。あでのいです。 ご存知の方も多いとは思いますが、4年前の冬コミ(C89ですね)で私あでのい、『Gレコ』の批評同人誌を出していまして。 まあもう随分時間も経ったし、ここらでいっちょ全ページブログにアップしてもええやろって気分になったの…

「劇場版GのレコンギスタI 飛べ!コア・ファイター」閃光試写会感想 映画ってのはこう作るんだよ!

はい。という訳で毎度恒例、ブログの方ではお久しぶり、あでのいです。 twitterのフォロワー諸氏の方々は既にご存知とは思いますが、行ってきましたよ福岡市美術館の劇場版Gのレコンギスタ閃光試写会(変換ミスだが気に入ったのでそのまま)。 『Gレコ』です…

富野アニメは「巨大ロボット」をどう描いたか?

さて皆様お久しぶりです。あでのいです。 シン・ゴジラの記事がブクマ数でGレコ記事を越えたことにより、ブログの人気記事ツートップが富野と無関係になってしまったので、そろそろ気合入れて長めの富野記事も書いておこうと思った次第であります。富野アニ…

『Gレコ』は何故「分からない」アニメだったのか?

えー、これは冬コミのGレコ批評本の総括章の1節を転載したものです。まあサンプルみたいなモンです。 内容は以前にブログにアップしたこちらの記事→「Gレコが失敗した理由と、今後Gレコを46年語り継ぐために」のブラッシュアップ版みたいなモンです。基本…

鉄血のオルフェンズ22話までとりあえず感想「ドラマになる死とならない死」

ブログの方ではお久しぶりですあでのいです。皆さん年度末いかがお過ごしでしょうか。 えー、鉄血もそろそろ2クール目終了間近なので、この辺でちょっと語れることでも語っておこうかなと思って筆をとった次第です。

冬コミでGレコ批評本出します。

という訳で冬コミ(1日目 東 ホ-49a)でGレコ本出します。http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=53983792内容は...、A5/140ページ 1500円ブログ内での感想から加筆減筆再構築した全話エピソード解説! 総括含めたコラム…

鉄血のオルフェンズ1〜3話感想「三日月の成長物語?」

という訳で新ガンダムですよ新ガンダム。こちとら「俺たちのレコカツ※はまだ終わっちゃいないんだ!」な気分ですが、世間はそんな我々の感傷なんかは置いてどんどん進んでゆくのです。※Gレコを見たりGレコについて話し合ったり記事書いたり同人誌作ったりす…

鉄血のオルフェンズ1〜3話感想2「あの世界、重力ってどうなってんの?」

という訳で鉄血語りの続き。「SF描写について」と「ロボットアニメとして」。

「ガンダム Gのレコンギスタ」 感想目次

遂に始まった富野由悠季監督最新作「ガンダム Gのレコンギスタ」 最近のアニメ作品群の中ではおそらく異端的な作りになっているGレコだが、このブログでは少しでもGレコの面白さ、凄さを伝えられるような感想を書いていきたいと思う。 要は「こんなにGレコ面…

ロフトプラスワンWESTで完徹Gレコトークライブとかいう頭のおかしなイベントやるよ!!

えー、もうご存知の方も多いんじゃないかなと思う訳ですが、ちょっとこうトチ狂ってしまいまして、タイトルにもあるようにGレコトークライブイベントとかいうのを敢行することに決まりました。http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/35646 (あまゆきさ…

トイ・ストーリーが描き続けた「アイデンティティの喪失と獲得」

「トイ・ストーリー3」が放送されたので、ちょっと折角なので公開当時に書いた感想を、多少加筆修正してアップしておく。

Go!プリンセスプリキュア雑感 プリンセスを目指す物語とトワイライト様の血統主義

Go!プリンセスプリキュア、一話見て以降見てなかったのですが、知人からのプッシュもあり11話(プリキュアがパワーアップしてパンク兄ちゃんが死んだ回)から継続して見ております。なかなか面白いので、ちょっとここいらで簡単な雑感を綴っておこうかと。

結局Gレコとは何だったのか? ―Gのレコンギスタ総括― その3「非・相互理解」

という訳でその1、その2に引き続きのその3。

結局Gレコとは何だったのか? ―Gのレコンギスタ総括― その2「エネルギー問題」

という訳でその1に引き続きその2です。 割と内容がその1と重複してる気がしないでもないけど、とりあえず今は推敲あんま無しで思い付いた事をガーッと吐き出してるだけなので悪しからず。

結局Gレコとは何だったのか? ―Gのレコンギスタ総括― その1「世界を知る旅」

えー、Gレコ遂に終わってしまいました。もう木金に夜ふかししなくて良いんだと思うと嬉しさで涙が零れんばかりです。 まー各話感想が完全に滞った状態でどーしたもんかなーと思ったんですが、熱が引かない内にとりあえず今考えてる事は一通り吐き出そうと思…

日本からロボが消える日

「ロボ」とはロボットの略称である。とはわざわざ説明せずとも誰しも理解しているだろうが、この略称、かつてはアニメや特撮に登場するロボットに対して「○○ロボ」とよく用いられていたが、近年では余り使用されなくなって随分と久しいように思う。 そこで思…

ガンダム Gのレコンギスタ 第十七話感想 宇宙で敵味方が協力しあう為には?

シラノ5の外壁に穴が空いたので、そこから漏れ出る土砂を避けつつ出港したメガファウナ。宇宙空間でドレット軍+キャピタル・アーミィ+サラマンドラ組らと遭遇し、毎度のゴチャゴチャ混戦へと突入するかと思いきや、皆で一緒に協力して宇宙のゴミ掃除をし…

映画「風立ちぬ」感想 二郎のエゴイズムが向かう先

「エゴイスティックな映画だ」 風立ちぬの感想を一言で表せと言われれば、おそらくこう言わざるを得ない。 この映画の舞台は1920~30年代の日本だ。当時の日本と言えば、1923年の関東大震災、29年の世界恐慌により経済的に大きな打撃を受け、国家として深刻な…

ガンダムGのレコンギスタ 第十六話感想 アイーダの怒りとベルリの苛立ち

第16話「ベルリの戦争」 トワサンガに着いて早々レジスタンス組織と合流したメガファウナの面々が、ベルリとアイーダがトワサンガの旧王家にしてレジスタンス組織の母体であるレイハントン家の遺児である事を知り、その事実にベルリがアップアップになっち…

ガンダム Gのレコンギスタ 第十五話感想 ベルリの不殺主義

第15話「飛べ! トワサンガへ」 トワサンガ目指して航行するメガファウナとサラマンドラが、それを追撃するドレッド艦隊との間で宇宙戦争が繰り広げつつ、最終的にはトワサンガへと辿り着くというお話。ほぼ全編MSによる戦闘という非常にガンダムガンダム…

ローリング☆ガールズ1、2話感想 モブという名の人はいない

えー、2015年冬アニメではローリング☆ガールズが頭1つ分抜けて気に入りました*1。元々Gレコ終わりのCMの元気一杯な感じと音楽が気に入ってて、1話で「これは俺嫌いじゃないぞ?」となって2話がやたらめったら好きになってしまうという流れ。 ので折角だか…

ガンダム Gのレコンギスタ 第十四話感想 女いろいろ万華鏡

第14話「宇宙、モビルスーツ戦」 今回は前回ラストの姫さまの宣言通り、月のトワサンガへと向けてザンクトポルトから出発するお話。トワサンガへ向かうのはメガファウナだけでなく、クリムのサラマンドラにマスクのガランデンと、お馴染みに連中も御一緒。…

ガンダム Gのレコンギスタ 第十三話感想 呉越同舟茶番劇

第13話「月から来た者」 月から来た艦隊を相手に地球側の各陣営が右往左往しつつも共同戦線を張って対抗しようとする話、ではあるのだが実際にはMS戦は現場の独断気味で、結局はザンクトポルトで普通に高官同士が会談。「地球側が連合して共闘」という触れ…

ガンダム Gのレコンギスタ 第十一話感想 宇宙でとっちらかる人々

第11話「突入! 宇宙戦争」 前話が(Gレコには珍しく)全体的に一直線で視点もベルリに合わせておけば充分理解しやすい作りになっていたのに対し、今話では一転、一気に作劇が多視点並行で構築されており、てんでバラバラに動く各陣営の思惑は一回見ただけ…

ガンダム Gのレコンギスタ 第十二話感想 無重力の戦い

第12話「キャピタル・タワー占拠」 各陣営がザンクトポルトに向かって進行しつつ宇宙戦を繰り広げる、というのがザックリした今話のあらすじ。前話で各陣営が一斉にザンクトポルトに向けて出発したので、ここからチキチキレースバトルが数話展開されるのか…

Gレコが失敗した理由と、今後Gレコを46年語り継ぐために

まあ何か知らないんだけど、巷ではGレコ失敗してるらしいじゃないっすか富野監督が勘違いして酔っぱらって道を違えたとか言って話題になってるらしいじゃないっすか。 まーなんかあーいうのに突っ掛かるのもファンとしては狭量かなあってのもあるので別にど…

ガンダム Gのレコンギスタ 第十話感想 恋を知って、お家に帰る

第10話「テリトリィ脱出」 前話、前々話と物語が大きく動く回が続いたが、それを受けての今話は意外にもボトルエピソード。キャピタル・テリトリィ内に潜伏したメガファウナにキャピタル・アーミィが襲撃を仕掛け、ベルリらがこれを撃退する、という割とい…

ガンダム Gのレコンギスタ 第九話感想 ロードムービー+群像劇

第9話「メガファウナ南へ」 前回でグシオンパパンとウィルミットママンを乗せたメガファウナが、ベルリからの提案で一路キャピタル・テリトリィへと向かう、というのが今話のあらすじ。これまで多少の変化はありつつも、基本的に主人公らは定位置にいながら…

ガンダム Gのレコンギスタ 第八話感想その2 マスクの本音とノレドとの対比

その2ー。